新築一戸建ての勝手口にも防犯性を

新築一戸建てを建築するときは、勝手口の施錠にも防犯性を備えさせましょう。玄関のドアは二重施錠にするなど、防犯性を高める対策が一般的にも認知されるようになりましたが、勝手口は出入りしやすいように設計されていることもあり、施錠が簡易式のことも多いです。新築一戸建ての設計段階で、勝手口を設計してもらうときは、施錠方法と種類も工務店と話し合いましょう。できるだけ二重施錠が可能なようにしておきます。必ずしも、毎回のように二重施錠をする必要はありませんが、二重施錠に施工しておくことで鍵穴が二つある勝手口の扉になりますので、空き巣などの不審者の立場からすると敬遠したいドアになります。重要なのは、見た目で防犯性が高いのだとアピールできることであり、ダミーではなく実際に厳重な施錠が可能な点です。ゴミ捨てや、買物の食材を搬入するときに便利な勝手口ですから、厳重に施錠するのは夜だけでも構いません。外部から見て、鍵が二つあることが重要です。あとから鍵を厳重にしようとすると、ドアに穴を開けるなど工事が大掛かりになることもあり、結果的にコストが増えてしまいます。新築一戸建ての設計段階だからこそ、スムーズに対応してもらえます。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建ての玄関を防犯性の観点から考慮する.