新築一戸建ての断熱性を窓ガラスでも高めたいときは

新築一戸建ては基本的に断熱性能が高く施工されます。木造建築の場合も鉄筋コンクリート建築の場合も、断熱性は必要不可欠です。断熱材は自然に経年劣化しますが、外壁塗装や屋根塗装をリフォームすることで、経年劣化のスピードを遅らせたり、断熱効果を補助的に高めることは可能です。新築一戸建ては、施工する建材や資材を選ぶことが可能なことが多いので、できるだけ窓ガラスにも断熱性を備えさせましょう。窓ガラスの断熱性で有名な施工方法が二重窓です。二重窓で施工しておくと、壁材と同様の断熱効果が得られるようになります。さらに窓ガラスそのものの素材を、断熱ガラスにすることで断熱性を高めることができます。断熱ガラスは高価な製品ですが、効果は絶大です。北欧諸国の木造住宅でも利用されています。冬の暖房効率が良くなりますので、快適な住まいに整います。断熱性が高い住宅は、光熱費の削減効果も大きく、住宅の寿命を延ばす効果もあります。断熱ガラスは断熱性が高く、結露が発生しにくいので、木材を腐敗させたりカビが繁殖することもなくなります。結露が発生するのは仕方ないと諦めてしまわずに、新築一戸建てを建築するときは工務店に相談してみましょう。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建ての玄関を防犯性の観点から考慮する.